1億3650万円の高級ジュエリー時計などを扱う高級品市場を開設――富裕層をターゲットに

楽天(株)は29日、東京・日比谷の帝国ホテルにプレス関係者を集め、同社が運営するインターネット上のショッピングモール“楽天市場”内に、新たに富裕層(※1)向けの高級品のみを集めた新コンテンツ“高級品市場”を本日17時に開始したと発表した。公開最初に取り扱う商品は、いずれも楽天側がセレクトしたもので、“時計”“ワイン”“和”の3つのカテゴリーで各8アイテム合計24アイテム(いずれも数量限定)と、オープン記念に100万円の宿泊プランを発売するという※1 富裕層 楽天が配布したリリース文によると、“居住用不動産を除く金融資産100万ドル以上の保有者が対象”とあり、米メリルリンチ社の発表資料によると、2003年末の日本の富裕層は、前年比6増の131万人で、世界の富裕層の3割が米国、2割弱が日本であるという“高級品市場”の開設に合わせて、フランクミュラースーパーコピーの高級時計“ロングアイランド クレイジーアワーズ”をして登場した、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏

発表会には、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏と、女優の黒谷友香さんが登場し、“高級品市場”開設のいきさつや“高級品”への思いなどを説明した。最初に挨拶に立った三木谷氏は1997年5月にオープンして以来、1000万点を超える商品を扱う巨大なマーケットになった“楽天市場”について、「1Q(四半期)で300万人、年間で1000万人を超える方が買い物をする大きな市場になり、そのなかでは高級品も多数取り扱い始めているが、それが売れるようになってきた」と切り出し、“高級品市場”の開設に追い風が吹いていることを説明した同社の発表資料によると、今でも楽天市場での平均単価は1万円程度までだが、100万円を超える商品の流通も着実に増えており、2005年第2四半期の実績では前年同期比63.7の伸びを見せたという(それでも流通量は全体の1未満という)。今回発表した“高級品市場”は、こうした消費動向や富裕層の増加を背景に、“楽天市場”に新たなブランドを構築するための新しい試みとしてスタートしたものだという“高級品市場”で今後販売予定の参考商品の数々。中には織田信長の具足(鎧兜)の写しなども含まれる。三木谷社長は、「これを扱う店で、祖先にあたる本田家の具足を買ったことがある」と話した

三木谷氏は、「単純に高いものが買えます、というのではなく、商品にまつわるストーリーや歴史を理解した上で、購入していただける。これもインターネットがなければできなかった新しいマーケットだと思う」「スポーツ選手や芸能界の知人の中には、なかなかお店に行けないから楽天市場で買っている、という方もいる。そういう方にも高級品を扱っていることをアピールしていきたい」と語り、ゴージャス感や高級感のある“本物の商品”を扱っていくと述べた。なお、当面は楽天側で扱う商品を選別するが、将来的には既存の楽天市場と同様のマーケットプレイスに育てていきたいとのこと時計スイスPATEK PHILIPPE社のハイジュエリーウォッチ/1億3650万円500個以上の宝石をちりばめ、精度や耐久性にも確かさを提供するという

ワインシャトー・ムートン・ロートシルト 56本セット/2410万650円ダリやピカソ、シャガールなど、各年代ごとに当時の著名な画家がラベルをデザインした56年分のワイン

和盆栽“真柏”/1200万円銀座 森前の森前誠二氏の作品で、今回初公開となる。樹齢500年の末を半世紀に渡って複数の職人の手で仕上げた名樹

“高級品市場”オープン記念の限定宿泊プランフォーシーズンズホテル 椿山荘 エクスペリエンス 2泊2名/100万円ハイヤー・ホテルカーでの送迎(23区内)、ホテル内のレストランを巡るディナー、トリートメントエステ“ラ・ストーン”の利用など9つの特典をつけた宿泊プラン

ゲストスピーカーとして招かれた黒谷さんは、乗馬のブーツをかたどったペンダントを楽天で購入したことがあるという。黒谷さんの高級品への思いとして、「あるところに行ったとき、素敵なソファーがあって、そのメーカー(フランスのポルトロナフラウ社)を調べて3年前に購入した。以来、そのソファーに合わせて、自分自身や部屋のスタイルにもこだわっている」「自分の証しを立てるとき、また将来を見据えようと決意したときに、何年後かの成長した自分を考えて、それに合わせるように(高級品を)購入します」と語った今回発売される高級時計を手にポーズをとる、黒谷友香さんと三木谷社長。この日の黒谷さんは、優雅なドレープ(ひだ)を見せる紫のワンピースと、襟元を華やかに演出するダイヤのネックレスで颯爽と現われた。なお、この時計(総額1億円以上!!)が登場したときには、さすがに警備員が左右を固めていた

最後に三木谷氏は、「“人と人とのつながりを、インターネットショッピングを通じて大きくしていきたい”という楽天市場の開設当初のこだわりは変わっていない。作った人も売る人も、それぞれにこだわりをもっている。そんな心がこもったものを売っている。その思いを大切にして“高級品市場”を育てていきたい」と抱負を語ったまた、高級品市場のオープンを記念して、本日17時から2週間、ロレックスのドレスウォッチ(通常価格1002万5400円)を1円からのオークションで販売するという

30代後半男性に贈る腕時計について

・高級腕時計も欲しいとは思うが(タグホイヤースーパーコピーの名前が出ていました)実際手の届く価格でデザイン・性能が番なのがGショックなので、それしか所有していないとのこと

万円以内で、自分が選ばないようなおしゃれな時計が欲しいそうです。条件は、皮バンドでないこと私が彼の趣味を考慮せずに男性に時計を選ぶとしたら、ハミルトン・ニクソン・オロビアンコ・zucca・ルミノックスあたりです私に一任されたし、予算も少ないので、私の趣味でおしゃれ時計を選ぼうかと思う一方、私にとっては決して安くはないので、できれば喜んでもらいたいという気持ちもあり、行き詰まっていますこういう男性にとって、絶対つけたくないのはこんな時計だとか、こんな時計がいいとか、アドバイスがありましたら、どんな細かいことでも良いのでお聞かせください代男性でミリタリーファッションが趣味、自分が選ばないようなおしゃれな時計という条件でスーツにも合う腕時計をいろいろ探してみましたが万円以内ということで制約がありますが、「オレオール」なら条件に合うかもって思います。価格は万円ちょっとで手に入りますし、スイスウォッチの中では手ごろなおしゃれ時計です。デザインはいろいろあるので探してみてください以下のリンクは私が選んだスーツにも合うおしゃれな腕時計ですあと、以下のリンクから見つけたブランドでフィッチェというのがあります。テイストはスポーツウォッチですが、カラーデザインが斬新でスーツでも合いそうです。価格も万円ちょっとですそんな点から、例えばハミルトンの機械式自動巻きはどうですかクロノグラフ(別丸のちっちゃい秒針など)が好きか否か、時計盤は黒系、白系、銀系どれがいいか、の目印はアラビア数字()、ローマ数字(XII、ハミルトンでは、ないかも)、棒状の目印、のどれがいいか、その文字の大きさ、クロノグラフや機械が見えるのと、それがないことにより視認性が高いのとどっちがいいか、などなど検討項目は多岐にわたりますただ、ハミルトンでその予算だと、あまり凝ったのは選べないかな例えばすっきりしてるが時計盤が青で人目を引きそうなモデルとして、H37451141

また、日本の正規代理店では扱っておらず、海外からの並行輸入品になりますが(楽天ではいっぱいそういうのが出てき案す)、裏から機械仕掛けが透けてみえるモデル H70455153

また、楽天でジャンルを「腕時計メンズハ行ハミルトン」に絞込み、さらに予算や、キーワード(自動巻、など)で絞り込んで出てきたものを検討してもいいと思いますおしゃれな時計といっても、何をもっておしゃれというか、その辺がその人の感覚次第になりますから、ある意味非常に難しい事だと思いますミリ系が好きで銃マニアというなら、ハミルトンのカーキ・フィールドなども向いているものだと思われますそれこそ昔の米軍が登場する映画などを見れば、このタイプがよく使われているものですからあるいは、自分が選ばないようなということで考えると、スーツを着る際には最も相応しいドレスウォッチということで、セイコードルチェがありますこれなら税抜き5万円なので、量販店なら完全に5万円以内で収まりますまた、性能ということで言えば、電波時計ではなくても、年に10秒以内の進み遅れということで、ショックなど問題になりません。

(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?

前号は、「新興国向けに、ニッサンが、”DUTSUN(ダットサン)”ブランドを復活検討」の

この「Brand Equitブランド価値」を保持したまま、変化する市場に対応するために、

新たな安価・販促版の”別ブランド”を立ち上げて市場拡大を狙う戦略を;

『Diffusion(ディフュージョン)』ブランドと呼びますこの『ディフュージョン・モデル』は、別に新しいマーケティング戦略ではありませんあのスイス高級腕時計の『ROLEX』が、安価版としての「DiffusionBrand」を発売

しているのをご存知でしょうか?しかも、1930年ロレックスは、年も以前から

この(高価格モデル)(安価販促モデル)のマーケティング戦略をスタートさせていま「チュードル・ブランド」の誕生は1926年。この時期の「ロレックス」は”オイスター・ケー

ス”やパーチュアル(自動巻きなど新しい機構を開発・発売した。しかし、高価で一般庶民

にはなかなか普及しなかった。そこで「ロレックス」は”安価なディフュージョンブランド”

を誕生させた。それが「TUDO(チュードル)」である「ROLEX」のディフュージョン・ブランドとして誕生した「TUDOR」の最大の特徴は、当初、

”ロレックスと共通のパーツを使用”されていることです。初期のアンティークモデルでは、

ケースをはじめ”王冠マーク”が入ったリューズやブレス、そして細部のほとんどの部品

にロレックスの部品が使われていたといってもいいくらいだ。さらにチュードルの裏蓋に

は”ロレックスのディフュージョン・ブランドである”ことを示す。”ROLEX”の刻印がされて「TUDAR(チュードル)」という名前は、英国人なら誰でも知っている名門「チューダー家」

にちなむもので、イングランド王を輩出し、エリザベス女王の出身家の家名だそうです現状のチュードルの”マーク”は、「バラの花」と「盾(たて)」です多くの現代モデルが日本でも発売されており、”ROLEXと”DNAを同じくする”モデルと

して、隠れた傑作腕時計ブランド「TUDOR(チュードル)」に再び注目が集まっています。

Sランク」の秘密──香港に溢れるロレックスコピー商品

この週末,貯めたマイルを使って香港に行ってきました。ですので,基本的な旅費はホテル代だけ,3泊4日で実に1人2万円。超激安の旅を楽しんできました。泊まったのは,九龍半島の南端の尖沙咀。街の中心には13代総督ネイザン卿が敷いたネイザン・ロードが南北に走り,スターフェリーが行き交うヴィクトリア湾の向こうには…。いけない,いけない,普通の旅のブログになるところでした。ものづくり流,旅のブログは尖沙咀から地下鉄で北に三つ目,旺角の街を紹介しましょう旺角は,香港らしい雑多な街の一つ。中でも,女性向けの安価な衣料や雑貨を販売していたことから「女人街」と呼ばれるようになった一画には,夜ともなればおびただしい数の露天商が出現し,通りの両側を埋め尽くします。これにより通りの幅は急激に狭められ,二人で並んで歩くのが精一杯。地元の買い物客や観光客はぶつかり合いながら,Tシャツに,クツに,カバンにと,さまざまな超激安アイテムを物色していきますこの狭い通りを日本人が歩いていると,あちこちの露天商から「ニセモノアルヨ,ニセモノアルヨ」と,日本語で声をかけられます(この光景は旺角に限りませんが)。そうです,超激安アイテムの中にはニセモノ,つまりルイ・ヴィトン,シャネル,グッチといった高級ブランドバッグや,ロレックスコピーカルティエコピーフランクミューラーコピーといった高級機械式時計などのコピー商品が堂々と売られているのです。そこで,ものづくり的関心から,すごく精巧なコピー商品を売っていた露天商の中に入ってみることにしました。もちろん,客のフリをして実は,露天商の中にはコピー商品はあまり置いてありません。その代わりにカタログが広げてあり,「コレ」というと,そのコピー商品を倉庫から取り出してくるシステムになっています。しかし,私には特別「コレ」というモノがありません。買い物が目的ではないのですから。で,カタログをパラパラ見ていると,露天商の彼が日本語と英語を交え「カタログヨリ,ホンモノ(注:もちろんニセモノ)ヲミテ」と,倉庫に案内すると言い始めたのです。スーパーコピー時計一瞬躊躇するも,好奇心にまかせて彼について行くと,そこは香港らしい古ぼけた高層アパートの入り口。怪しい警備員のおじさんの横を抜け,カギを開けてアパートの中へ。その後,右に左に曲がる複雑な廊下を通り抜けて,やっとアパートの1室にたどり着きました。「ココ,ココ」。重そうな扉を開けると,その中にはコピー商品が山と積まれていました「ウチノニセモノハ,Sランク」。露天商の彼はとても自慢げです。話を聞くと,ニセモノには出来の悪い「Bランク」,出来の良い「Aランク」,本物と見紛うばかりの精巧な「Sランク」の3種類があるものの,Sランクを取り扱っている露天商はごくわずか。その希な露天商の一つが自分の店であると,彼は胸を張っているのです。そんな彼に,ランクの違いを尋ねると,材料と製造工程にあると教えてくれました。例えば高級ブランドバックの場合,AランクやBランクのニセモノが合皮を使って中国の工場で造るのに対し,Sランクのニセモノは韓国から輸入した皮革を使用して香港の工場で製造するそうです。そう説明しながら彼は指を水で濡らし,Sランクの皮革部分をなぞり始めました。「ホラ,イロガカワル。ダカラ,コレ,ホンモノネ」さらに彼によれば,香港の工場は中国の工場より非常に丁寧な仕事をするんだそうです。そのため,中国のニセモノは破れたりほつれたりするけど,香港のニセモノにはそんなトラブルは滅多にないとのこと。実際,香港のニセモノは耐久性に優れると,彼は自分のバックを指しました。それは,イタリアの高級ブランド,プラダのコピー商品。「3ネン,3ネン,ダイジョウブ」。3年使っているけど,破れもほつれもないと強調しているのです。品質に対する妙な自信。その現われか,この露天商のSランクのニセモノには「トラブルアッタラ,トリカエル。ココダケネ」と,滞在期間限定の保証まで付いていました無駄を承知で,彼にはコピー商品が違法であることについてどう思うか聞いてみましたが,案の定,全く意に介した様子はありません。これはそろそろ潮時と,「これはSランク」「こっちはAランク」などとコピー商品を品定めしているフリをしつつ逃げ出すタイミングを計っていたら,彼は「アタリ,アタリ」と,いちいちうなづいてくれました。

cartier-18