ビクトリノックスが特別モデルを披露

年々製品のクオリティを向上させているビクトリノックス・スイスアーミーが創業130年の2014年に送り出した腕時計「イノックス」は、究極のタフネスを備えた時計のピアジェスーパーコピー時計である。
その開発のキーマンであるビクトリノックス・スイスアーミーのプロダクトディレクター、フランソワ・ヌニュス氏に、進境著しい「イノックス」のデザインや今後の展望などについて直撃インタビュー。
特別モデルについての開発秘話などを聞いた。
今年はコーポレートカラーであるレッドを採用したカラーバリエーション「イノックス レッド」をリリースします。
同時に、腕時計を保護するバンパーとストラップをビンテージ・レザーで製作した限定版「イノックス リメイド・イン・スイス」も発売します。
――「イノックス リメイド・イン・スイス」を実際に見ると、このバンパーとストラップのビンテージ感は、半端なものではありませんね。
素材やデザインについて、詳しく教えてください。
「リメイド・イン・スイス」は、気鋭の若手デザイナーであるクリストファー・レイバーンが手がけた2011年のカプセルラインだったのです。
スイス軍のブランケット、寝袋、パラシュートをリメイクしたアパレルコレクションで、非常に大きな注目を浴びました。
今回の「イノックス リメイド・イン・スイス」もレイバーンのデザインによるブランド激安いコピーもので、ストラップとバンパーの素材に、1911~’70年代のスイス軍で使われていたミリタリーバッグや弾薬ベルトのレザーをベジタブルタンニンによってなめし直したものを使用しています。
限定数が250本となったのは、採取できたレザーの量の限界によるもので、それだけ希少価値があるわけですね。
ビンテージデザインを採用しようと決めたのは、私自身でしたが、その着想は本当に偶然によるものでした。
ある日、たまたまアウトドアショップに入って、スイス軍の放出品のレザー製ミリタリーバッグを見て、「コレだ」と直感したんです。
「イノックス」は完璧な強さを持っており、シンプルで、モダンなデザインが特徴です。
いっぽうビンテージレザーは、「イノックス」に似合うアンティーク調の風格が漂いつつ、外観はダメージを負っていて完璧ではない。
相反する要素を持ちながら、「イノックス」のよさをお互いに引き立ててくれる不思議なケミストリーを感じたのです。
ホンモノのレザーだからこそ、このビンテージ感が生まれ、ひとつひとつ微妙に味わいが異なるから、唯一無二の希少性につながります。
レイバーンのデザインもすばらしく、バンパーを装着するスタイルなどは重厚感にあふれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です