(貿易ともだち)さん、みんな(がんばるチャン!)してるかな?

前号は、「新興国向けに、ニッサンが、”DUTSUN(ダットサン)”ブランドを復活検討」の

この「Brand Equitブランド価値」を保持したまま、変化する市場に対応するために、

新たな安価・販促版の”別ブランド”を立ち上げて市場拡大を狙う戦略を;

『Diffusion(ディフュージョン)』ブランドと呼びますこの『ディフュージョン・モデル』は、別に新しいマーケティング戦略ではありませんあのスイス高級腕時計の『ROLEX』が、安価版としての「DiffusionBrand」を発売

しているのをご存知でしょうか?しかも、1930年ロレックスは、年も以前から

この(高価格モデル)(安価販促モデル)のマーケティング戦略をスタートさせていま「チュードル・ブランド」の誕生は1926年。この時期の「ロレックス」は”オイスター・ケー

ス”やパーチュアル(自動巻きなど新しい機構を開発・発売した。しかし、高価で一般庶民

にはなかなか普及しなかった。そこで「ロレックス」は”安価なディフュージョンブランド”

を誕生させた。それが「TUDO(チュードル)」である「ROLEX」のディフュージョン・ブランドとして誕生した「TUDOR」の最大の特徴は、当初、

”ロレックスと共通のパーツを使用”されていることです。初期のアンティークモデルでは、

ケースをはじめ”王冠マーク”が入ったリューズやブレス、そして細部のほとんどの部品

にロレックスの部品が使われていたといってもいいくらいだ。さらにチュードルの裏蓋に

は”ロレックスのディフュージョン・ブランドである”ことを示す。”ROLEX”の刻印がされて「TUDAR(チュードル)」という名前は、英国人なら誰でも知っている名門「チューダー家」

にちなむもので、イングランド王を輩出し、エリザベス女王の出身家の家名だそうです現状のチュードルの”マーク”は、「バラの花」と「盾(たて)」です多くの現代モデルが日本でも発売されており、”ROLEXと”DNAを同じくする”モデルと

して、隠れた傑作腕時計ブランド「TUDOR(チュードル)」に再び注目が集まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です