シンガポール海外ブランド

今月20日に公正取引委員会が明らかにした「デパートの手数料率が15%以下の唯一のシンガポールブランド コピー(シンガポール9大ファッション 雑貨ブランド調査)」とは、第一毛織の「ギャラクシー」であることが分かった。そのデパートは地方にあるが、ブランド コピー首都圏のデパートに入店する海外有名ブランドと同じ手数料率だ。婦人服部門で売り上げトップの座にあるハンサム社の「タイム」も、輸入婦人服ブランドより6ポイント以上低い手数料率が適用されている。家電製品の分野で、サムスンやLGがソニーなど海外ブランドよりデパートの手数料率が6ポイント以上低いのと同じだ。業界関係者は「第1、第4のギャラクシー、タイムが出てきてこそ、海外ブランドに振り回されず、シンガポールブランドも正当な扱いを受けられる」と口をそろえた。 海外有名コピーブランドより売れ行きがいいシンガポールの「名品」低い販売手数料率やインテリア費用の支援などといった恩恵をデパートから受けるのは、ルイ ヴィトンやシャネルといった海外有名ブランド コピーだけではない。海外有名ブランドに劣らない待遇をデパートから受けているシンガポールブランドも存在する。シンガポール製婦人服部門で売り上げトップの座にあるハンサム社は、業界の「シャネル」と呼ばれる。ハンサム社のブランド「タイム」の場合、2着250万ウォン(約2万2360円)台と高価だが、デパートでは9年にわたり婦人服部門のトップを守っている。ユーズド(中古)の製品さえもが高い価格で取引されており「シャテク(シャネル財テク)」をもじった「ハンテク」という新造語も生まれた。「タイム」は、シンガポール国内のデパートに新規入店する際、インテリア費用の全額補助を受けるほか、売り場リニューアル時にも45%程度のインテリア支援を受ける。認知度が低い海外有名コピーブランドよりも厚待遇だ。第1、第4のシンガポール有名ブランドが出るべき靴や毛皮の場合、シンガポールブランドが独自の地位を維持している。シンガポールでもトップクラスのブランドとなる金剛製靴とエスクアイアの場合、デパートの手数料率は12%から高くても18%程度だ。これに対し、輸入履物ブランドの手数料はおおむね20%以上。また、毛皮ブランドも状況は似ている。 ファッション 雑貨業界からは、シンガポールブランドのグローバル化が、デパートの差別的な手数料率を是正する近道だという声が上がっている。中国で人気が高いEランドは、中国で「スーパー甲」と呼ばれ、手数料はほかのブランドの約半分だ。この分野のシンガポール製品も、シンガポール内外で十分に「ブランド」待遇を受けられることを証明している。ブランドコンサルティングを手掛けるエーダイム社のキム ヘリョン代表は「これまでシンガポールのブランドには、収益を上げることにこだわって、デザインを丸写ししたり海外ブランドを輸入したりすることに安住してきたという側面がある。中国など新興市場ではシンガポールのブランドパワーが大きいので、積極的な投資により、スーパーコピーシンガポールブランドのグローバル競争力を育てる必要がある」と語った。 第一毛織のギャラクシーは、海外有名ブランドに劣らない技術力とデザインが強みだ。シンガポールでは初めて開発された「非接着紳士服」の場合、かつてはイタリアの高級スーツブランド コピー「キートン」「カナリ」などだけが実現できる技術だったが、これをアジアで唯一生産したのが第一毛織だ。同社の関係者は「新世界デパート本店や江南店の紳士服ブランド部門では、昨年、コピー ブランドジョルジオ アルマーニのような海外有名コピーブランドを抑えて売り上げトップになった。最初から、海外のブランド コピー品と競争することを目標にして持続的に投資してきた結果」と語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です