“デニム”からはじまるブランド新作登場

DIESEL|ディーゼル
新鋭のドメスティックブランドを取り扱うセレクトショップ「DIESEL(ディーゼル)」代官山のディレクター、手がける新ブランド「MIN(マイン)」がデビュー。
あえてコレクション形式での展開をおこなわず、一点一点のアイテムに注力したブランドコンセプトから、これまでにないデニムスラックスパンツのスーパーコピーディオール服が誕生した。
「MIN(マイン)」のファーストアイテムは、絵山ディレクションのもと、ブランド「NEON SIGN(ネオン サイン)」デザイナーの林 飛鳥氏との共作で製作された、革新的なコピー激安いブランドのトラウザーアイテムだ。
デニムのもつ堅牢製、スラックスのもつ品性、イージーパンツとしての簡易性をハイブリッドさせた、10オンスのリアクティブデニムを使用した、スリムテーパードデニムスラックスだ。
絵山氏は、新ブランドと第一弾のパンツについて、「飽食なこの時代に衣服というアプローチから、職人的というか1点1点の商品に注力したブランドを求めた結果、MIN(マイン)を設立するに至りました。
本来、デニムパンツはゴールドラッシュ時代の開拓者のワークウェアからはじまったものです。
その後、カウボーイウェア、ミリタリーウェアを通してカジュアルウェアとして現在の形になりました。
古着を含めた過去の事象には尊敬の念をもちながら、現代に最適化したデニムパンツとは何か?
という考えを巡らせ、色落ちのある天然染めは用いず、色落ちがなく堅牢性の高いリアクティブデニムを採用しました」と語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です